TOEICを受験するときに重要な語彙力

単語や熟語をきちんと身に付けることは、英語の基礎を固めることです。単語や塾などを理解している語彙力はTOEICを受けるときに非常に重要です。単語を知らなかったら、まず英語を聴きとることができません。それから英文が読めないですし、英文の集まりである長文も理解できません。TOEICで出題されるのは日常生活でよく使われる言葉が多いです。受験英語で出されるような難解な英単語はあまり出題されません。まずは基本的な英単語をきちんと覚えることが必要になります。英単語を覚えるのに楽な方法はありません。自分の知らない単語を繰り返し発音したり、紙に書いたりして覚えるのが最善の方法です。そして単語を覚えたら、例文の中で数回使って、その例文丸ごと覚えれば、確実に覚えられるようになりますし、TOEICを受けるときに役立ちます。

TOEICで良い点が取れればそれで良いのか

英語能力を測る判断基準の1つとして企業などでよく採用されているのかTOEICです。TOEICの試験は、文章問題と聞き取り問題で構成されておりマークシートで回答します。もちろん良い点数が取れれば、それだけ英語能力が高いという評価をされますが、そのような高得点をマークした人たちが全員流暢に英会話ができるかといえばそうではありません。中には全く英会話ができない人もいます。英語の文法が得意でも、会話となると全く別物になってしまう人も多いという問題があります。逆に言えば、普通に英会話をしているネイティブスピーカーがTOEICの試験を受けて、全員が高得点をマークできるわけではないと言うことです。会話と文法は全く別物であるという事に着目して、英会話能力を高めていくことが今の日本人には必要であると言えるでしょう。

TOEIC試験を受けよう

ひと昔前に比べて、英語の必要性は格段に高まっています。グローバル社会が進むことで、日本の企業は世界を相手に勝負を挑むことが求められます。人口減が深刻化されていますが、マーケットを世界に向けることで、新たなビジネスモデルに繋がるはずです。企業側が応募者の英語力を計る方法としては、英語検定とTOEICがあります。どちらも手軽に受けられる試験ですが、より詳細なデータを得られるのがTOEICです。実戦的な英語力が試されますし、海外赴任をする際にも大きな武器になります。政府の対策として小学校からの英語教育が推進されていますが、英語の場合は大人になってからでも力を伸ばすことが出来ます。英会話スクールに通っても良いですし、独学でマスターしても構いません。TOEICは現地点での力を知る術ですので、結果を恐れずにチャレンジすることが大切です。